返却された模擬試験の成績表を見て、総合評価を見たっきり……という人もいるのではないでしょうか。

「だって、D判定だったから(ガックリ)……」なんて声も聞こえてきそうですが、今の時期、D判定であることは、特に大きな問題ではありません!(キッパリ!)
D判定だったのに、成績表を読み解かないことのほうが、大きな問題なのです!


D判定だった原因のほとんどは、必修問題です。

医教の【看護師国家試験対策模擬試験 基礎問題篇の成績表】を取り出して見てみましょう。
必修問題は、何点でしたか?
必修は、たった1点足りないだけでも、不合格になってしまう強敵です。
○だった問題も×だった問題も、解説書を見ながら、全問復習しておきましょう。

成績表の総合判定がA・Bだったアナタは、少し余裕アリですね。教科書や国試対策のまとめ本を使って、周辺知識もしっかりと身につけましょう。

さらに、成績表の【問題別正答率表】を見てみましょう。ここでは、みんなは高正答率なのに、アナタだけ間違ってしまった問題を確認しましょう。医教の成績表では、「!」「!!」マークを付けて表示しています。
必修問題(午前・午後各1~25)でこのマークを見つけたら、じっくりと復習する時間をとってください。
解説書はもちろん、1年生のときに使った解剖生理学や病理・病態学などの教科書を使って、基礎の基礎からひも解いていきましょう。
わからないポイントは、先生や友達に教えてもらいましょう!


ちなみに、今年度2月の国家試験を受けるのに、模擬試験をまだ1度も受けてないアナタ、もしくは、成績表が手元にないアナタ。
成績表は、偏差値や今回説明したような情報を得るためのツールであり、効率よく合格ラインを目指すためにも役立ちます。

医教の模擬試験には、看護師模試(基礎・予想)のオプションサービスとして、
【成績処理】が付けられます。医教の模擬試験を買ったけど、
成績オプションを付けなかったというアナタ、
今からでも成績が出せる場合もありますので、一度お問合せくださいね。

目指せ!合格ライン

【おすすめ教材】
医教の看護師国家試験対策模擬試験の詳細はコチラ