今回は、「老年看護学」についてです。

超高齢多死社会になった現在、老年看護学の問題を避けて通ることはできません。とはいえ、正答率は比較的高い科目です。過去問題を一通り解くことで、傾向を掴むことができ、点数獲得につながります。

では、具体的にはどのように攻略していけばよいでしょうか?

老年看護学攻略の攻略ポイントは?

老年看護学の攻略ポイントは、これだ!

1)高齢者を取り巻く社会環境に関連した問題が頻出!
2)カタカナ用語をチェックしよう!
3)認知症に関する問題は必ず出題される!

 

1)高齢者を取り巻く社会環境に関連した問題が頻出! について

高齢者に関する社会保障制度や法律(年金、介護保険、高齢者虐待防止法、成年後見制度など)についても出題されますが、注意したいのが高齢者の生活環境(同居者、介護者、収入、日々の生活など)に関する問題です。

過去問を見ていきましょう。

第108回 AM54
平成28年(2016年)の国民生活基礎調査における高齢者世帯の所得構造を図に示す。
Aはどれか。

1.稼働所得
2.財産所得
3.公的年金・恩給
4.年金以外の社会保障給付金
答え:3

最も多いのは公的年金・恩給で65.4%。つまり高齢者世帯の6割以上の人が「年金」で暮らしているということを意味します。次に多いのが、稼働所得で21.1%。これは「働いてお給料を得ています」ということです。次が財産所得7.4%。例えば土地や建物を貸して収入を得ている、また、株などの利益も含まれます。年金以外の社会保障給付金は0.6%ということになっています。

なお、国民生活基礎調査を基にした問題は、例年数問出題されます。第111回を受験される方は、令和元年版の国民生活基礎調査を確認しておきましょう(コチラ)。具体的には、世帯構造、65歳以上の人がいる世帯数、65歳以上の人の家族形態などは、頻出なので絶対に押さえておきたいポイントです。

過去5年においてはこれ以外に、高齢者がいる世帯の構造、活動と休息のリズム、65歳以上75歳未満の就業者、権利擁護、介護施設従事者による高齢者虐待、最期を迎える場所の希望、さらには再婚したいが息子に反対されている70代女性への声掛け、というような問題までも出題されています。高齢者がどういった生活環境にいるのか、どういったことを望んでいるのかなど、データや教科書掲載の事例などで裏付けしておくとよいかと思います。
 

2)カタカナ用語をチェックしよう! について

老年看護学では、カタカナ用語の問題がほぼ毎年出題されています。

過去問を見てみましょう。

第110回 AM90
身体的フレイルの評価基準はどれか。2つ選べ。
1.視力低下
2.体重減少
3.聴力低下
4.歩行速度の低下
5.腸蠕動運動の低下
答え:2・4

フレイルとは、老化に伴うさまざまな機能の低下(予備能力の低下)により、疾病発症や身体機能障害に対する脆弱性が増す状態をいいます。フレイルの評価基準には様々なものがありますが、アメリカのフリード L. P. Friedらが提唱した CHS(cardiovascular health study)基準〈フリード Friedの基準〉が国際的に多く用いられています。この基準は(1)体重減少、(2)主観的疲労感、(3)日常生活活動量の減少、(4)身体能力(歩行速度)の減弱、(5)筋力(握力)の低下の5項目のうち、3項目以上該当するとフレイル、1 または2項目だけ該当する場合にはフレイルの前段階であるプレフレイルと判断するものです。この基準は身体的フレイルの評価に限定されていることや、日本人にそのまま適用しにくいという点が指摘されており、このフリードの基準を基盤としたうえで、日本人に適用しやすい国内共通の評価基準(日本版CHS基準)がのちに開発されています。
以上のことから、選択肢で該当するのは、2と4になります。

これ以外にもPEM(ペム)、サルコペニア、ロコモティブシンドローム、エイジズムなども近年話題になっていますね。また、評価基準もカタカナ名称のものがありますね(カッツインデックス、バーセルインデックスなど)。なんとなく「確かこんな意味だったよね?」というレベルの理解だと、国試本番の緊張からド忘れしてしまったりすることもありますので、正しく理解しておくことが大切です。
 

3)認知症に関する問題は必ず出題される! について

認知症に関する問題は、患者数が最も多いアルツハイマー型認知症に重点を置きがちですが、レビー小体型、前頭側頭型、脳血管性も数年ごとに出題されています。それらのポイントも押さえておきましょう。

第110回 PM49
認知症高齢者とのコミュニケーションで適切なのはどれか。
1. 説得するように話す。
2. 作話があっても話を聞く。
3. 一度に多くの情報を伝える。
4. 同じ内容を繰り返している場合は会話を終了する。
答え:2

選択肢1ですが、認知症の人が納得・安心できる話し方を心がけます。そのためには、否定や訂正、指摘をせず安心して心地よく話せるように傾聴します。よって、選択肢2が〇。選択肢3、一文に複数のメッセージを盛り込まないようにし、簡単な文で1つの要素を伝えましょう。選択肢4は、選択肢2と同様、相手を否定せず、発話をゆっくり待つことが大切です。

認知症の攻略法ですが、まずは代表的な認知症についてそれぞれの好発年齢、障害部位、特徴、経過などを押さえましょう。次に、認知症の検査(長谷川式認知症スケール〔HDS-R〕、ミニメンタルステートテスト〔MMSE〕)の評価方法、認知症の中核症状、行動・心理症状、それらに対応する看護をおさえます。そして、各認知症の出題傾向を調べてどういった点が狙われやすいのか、という点を理解すると、さまざまな方向から問われても得点につながりやすくなります。

 
今回の3ポイントふまえた過去問を、コチラにまとめています。ぜひご利用ください。
次回は、小児看護学について説明します!