今回は、「疾病の成り立ちと回復の促進」についてです。こちらも、苦手科目として挙げる人が多いイメージですね。

数年前の「疾病の成り立ちと回復の促進」は、難易度が高い印象がありましたが、109回に続き、110回も解きやすい問題が並びました。その要因として画像診断や検査に関する設問が少なかったことが挙げられます。とはいえ、今後も同様になるかはわかりません。過去10年分くらいの「疾病の成り立ちと回復の促進」の問題に挑戦し、画像診断や検査などの問題にも対応できるようにしておきたいですね(過去問の使い方は、こちらでチェック)。

 

疾病の成り立ちと回復の促進の攻略ポイントは?

上記を踏まえた上で、疾病の成り立ちと回復の促進の攻略ポイントは、これだ!

1)いわゆるマイナー疾患が頻出。過去に出題されたものは必ず確認を!
2)実習で、画像検査結果を見ておこう!

 

1)いわゆるマイナー疾患が頻出。過去に出題されたものは必ず確認を! について

実習で担当した疾患は、しっかり調べ詳しくなっていることと思います。でも、「疾病の成り立ちと回復の促進」では、メジャーなものではなくて、マイナー疾患がよく出題されるのです。
具体例を見てみましょう。

第110回 AM 77 
褐色細胞腫でみられるのはどれか。
1. 高血糖
2. 中心性肥満
3. 満月様顔貌
4. 血清カリウム濃度の低下
5. 副腎皮質ホルモンの産生の亢進
答え:1
第110回 AM 78
Guillain-Barré〈ギラン・バレー〉症候群で正しいのはどれか。
1. 若年者に多い。
2. 遺伝性疾患である。
3. 骨格筋に病因がある。
4. 症状に日内変動がある。
5. 抗ガングリオシド抗体が出現する。
答え:5

これらの過去問のようにマイナーな疾患についての出題は毎年散見され、国試本番で受験生を不安な気持ちにさせています。また、こういったマイナー疾患は授業でも習っていない場合が多く、教科書内でも2-3行しか触れられてない、というようなケースもあります。だからこそ、過去問で出てきたマイナー疾患については、答えを覚えて終わりではなく、調べて理解を深めておいてほしいのです。なぜなら、国家試験240問のうち4割近くは、過去問のアレンジです。つまり、過去に出たマイナー疾患が、再度出題される可能性があるからです!!

 

2)実習で、画像検査結果を見ておこう! について

3年前の第107回においては、別冊の視覚問題の出題数が全8問と過去最大数でした。その結果、CT結果などの画像を見て答える問題が複数出題されました。

 過去問を見てみましょう。

第107回 AM 70 
腹部CTを別に示す。胆石が半年間で胆嚢内をAからCまで移動した。

Cの状態を表すのはどれか。 
1.嵌頓  
2.侵入  
3.転位  
4.停留  
5.迷入
答え:1

こういったCT、MRI、レントゲン写真などの画像検査結果については、言葉での説明よりも、やはり実物を見てその状態を理解しておくことが、点数につながります。実習中に検査結果を見る機会があれば、どこをどう見てその疾患や病態を判断するのか、指導者さんや医師などから説明を聞くチャンスを逃さないように! コロナ禍で思うように実習に行けない学生もいるかと思いますが、実習での経験は、座学で勉強したことの何倍もみなさんの記憶に残ります。それをしっかりと国試に生かしていきましょう!

 

今回の2ポイントふまえた過去問を、コチラにまとめています。ぜひご利用ください。
次回は、健康支援と社会保障制度について説明します!