今回は、「健康支援と社会保障制度」についてです。

「ザ・暗記科目!」というイメージなので、この時期から集中的に取り組んでいる人は少ないのかもしれません。もちろんそれで構わないのですが、「健康支援と社会保障制度」独自科目としての出題だけでなく、各論科目からも社会保障制度の知識がないと解けない出題も多くあり、国試300点満点中50数点は社会保障制度関連の問題である、という現実も知っておいてほしいと思います。

では、どのように攻略していけばよいでしょうか?

 

健康支援と社会保障制度の攻略ポイントは?

健康支援と社会保障制度の攻略ポイントは、これだ!

1)問題数は依然多い。十分な対策を。
2)過去問を通じて基本事項を押さえよう!
3)過去の出題がなくても、出題基準にあるものを確認しておこう。

 

1)問題数は依然多い。十分な対策を について

上記で説明した通り、必修問題においても一般問題においても、社会保障制度関連の問題は全部で40数問も出題されます。定番の医療保険、介護保険、保助看法、医療法などは、毎年出題されるからこそ、さまざまな角度から問うてきます。
暗記すべき点も多いので、国試が近づいた1月くらいからまとめて覚えていくのが効率的です。その際、社会保障制度についてまとまっている対策本は、要点がまとめて書いてありますが、頻出の条文などについては、先日お伝えした通り、原文にあたることを忘れずに

また、「1月からで間に合うの?」と不安を感じる方もいらっしゃると思います。そういった方は、受験した模擬試験の社保関連の問題を、正解・不正解に限らず解答解説書を使って復習していきましょう。問題で問われた内容のみならず、関連知識も含めて理解することもできるでしょう。

2)過去問を通じて基本事項を押さえよう! について

まずは、過去問を見てみましょう。

第109回PM34 
国民健康保険で正しいのはどれか。
1. 被用者保険である。
2. 保険者は国である。
3. 高額療養費制度がある。
4. 保険料は加入者の年齢で算出する。 
答え:3

まず、「国民健康保険」が何なのかを正しく理解している必要があります。
日本は国民皆保険制度、つまり国民全員が何らかの医療保険(年金保険も)に加入することになっています。一般的な会社員の人たちは「被用者保険」に加入します。被用者保険には(1)健康保険、(2)共済組合、(3)船員保険の3種類があります。この被用者保険の対象にならない人で、75歳以上の人たちを除いた人、例えば自営業の人たちや特定の業種(医師や歯科医師、弁護士など)が、国民健康保険に加入するのです。
ということで問題をみると、選択肢1は×ということが分かります。選択肢2の国民健康保険の保険者は、都道府県および市町村、国保組合なので×。選択肢3の高額療養制度とは、1か月間で受けた療養に対する自己負担金額が限度額以上の場合に、超えた部分が給付される制度です。国民健康保険にもこの高額療養制度があるので、○。選択肢4ですが、保険料は加入者の年齢で算出されることはありません。収入や所得、世帯加入者数などによって算出されています。

ただ、正解を覚えるのではなく、以前説明した通りこうやって×選択肢についても吟味しておくことで、基本事項を押さえることができるのです。

 

3)過去の出題がなくても、出題基準にあるものを確認しておこう。 について

社会保障制度については、1)でも説明した通り毎年必ず出題される定番テーマです。2~3年に一度出る頻出テーマもありますが、過去に出題がなくても、出題基準に記載があるものは目を通しておいた方が安心でしょう。

第107回では、この10年出題がなかった難病法について、午前午後で計2問の出題がありました。しかもその内1つは五肢択二問題でした。

第107回 PM 84 
難病の患者に対する医療等に関する法律〈難病法〉において国が行うとされているのはどれか。2つ選べ。
1.申請に基づく特定医療費の支給
2. 難病の治療方法に関する調査及び研究の推進
3. 指定難病に係る医療を実施する医療機関の指定
4. 支給認定の申請に添付する診断書を作成する医師の指定
5. 難病に関する施策の総合的な推進のための基本的な方針の策定
答え:2・5

今は、法改正が多い時代です。法改正が行われるということは、その法律を必要とする人たちが多数いて、今の時代に沿った内容に変えているということ。医療者として、理解を深めておきましょう。

 
今回のポイントふまえた過去問を、コチラにまとめています。ぜひご利用ください。
次回は、基礎看護学について説明します!