今回は、「基礎看護学」についてです。

基礎看護学の問題は、毎年240問中20問弱出題されますが、他科目に比べて難易度も安定していますし、集中的に勉強が必要という方は少ないのかもしれません。ということは、基礎看護学の問題は全体的に正答率が高い=点が取りやすい、ということも言えます。だからこそ、ケアレスミスに注意して、確実に得点していきたい科目であるのではないでしょうか。

では、どのように攻略していけばよいでしょうか?

礎看護学の攻略の攻略ポイントは?

基礎看護学の攻略ポイントは、これだ!

1)よく読んで答えよう!
2)わかっているように思えても、一度は教科書や参考書で確認を!
3)計算問題は焼き直しがほとんど!

 

1)よく読んで答えよう! について

基礎看護学の問題は、午前・午後それぞれ前半で出題されます。集中度も増してきて、1問1問考え込むより、テンポよく答えていきたいと感じやすい部分で出題されます。そういう時に起こりやすいのが、【ケアレスミス】です。
過去問を見てみましょう。

第108回 AM 38 
便秘を訴えている患者の打診のアセスメント項目で適切なのはどれか。
1.固い腫瘤
2. 筋性防御
3. 叩打痛
4. 鼓腸
答え:4

答えは4の「鼓腸」です。鼓腸とは、腸内にガスが充満して、打診すると鼓(つづみ=日本古来の打楽器で、ポンッと心地よい音がします)を打つような音がすること指します。また、便秘と言えば、直腸に沿って触診するほうが一般的ですし、触診でみられる状態の選択肢が一番上にあるので、思わず選択肢1を○にしたくなります。問題文の「打診」を見逃した人は、1を選んだのではないでしょうか。

当たり前のことのように思いますが、ケアレスミスを防ぐには、問題文も選択肢も、注意深く読んで答えを選ぶこと。先入観は捨てること。性格的にせっかち気味の人は要注意です! また、問題文内のキーとなりそうな語彙を囲むなどの方法も、ケアレスミス対策になりそうですね。

 

2)わかっているように思えても、一度は教科書や参考書で確認を! について

上記1)にも関連しますが、自分で過去問や模試問題の復習をするとき、基礎看護学の問題は、どうしても「はいはい、知っていますよ、これでしょ!」となりがちです。そう思った時は、一度深呼吸しましょう。次に、教科書・参考書で「はいはい、知っていますよ!」について調べましょう。知っているからこそ、調べるのです。調べることによって、知識はより強化されるからです
また、基礎看あるあるだと思いますが、先生や指導者さんの質問に対して、とっさに身体部位の名称が出てこなくて「ココ!」と部位を指して答えてしまうこと、あるのではないでしょうか。「ココ」の正しい名称を教科書で調べておいてくださいね。

過去問を見てみましょう。

第107回 PM 38
成人患者への薬剤の投与方法で正しいのはどれか。
1.筋肉注射は大殿筋に行う。
2. 点眼薬は結膜囊に滴下する。
3. 皮下注射は前腕内側に行う。
4. 食間の指示の経口薬は食事中に服用させる。
答え:2

「ココ」の正式名称は結膜囊といいます。いつもならわかるのに、国試本番では緊張からど忘れしてしまった・・・・・・なんてこともあります。そうならないために、自分の知識を確かなものにしておきましょう!

 

3)計算問題は焼き直しがほとんど! について

近年、計算問題は選択式ではなく、ほとんどが非選択式問題で出題されます。出題数は多くて2問なので、計算が苦手な人は「計算問題、捨てます!」なんて言いますが、捨てなくて大丈夫! なぜなら、計算問題の出題パターンは6~7パターンしかありません。つまり、過去問で出てきたものを、ちゃんと計算できるようになっていれば、得点につながるのです

第107回 AM 90
身長170cm、体重70kgの成人の体格指数〈BMI〉を求めよ。
ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。
答え:(1)2 (2)4

その他、やっておくべき計算問題は、酸素ボンベの残量・使用可能時間、肥満度、体重減少率、点滴滴下数・残量、薬液の希釈というところでしょうか。それぞれ計算式を覚える、それに慣れる、計算ミスをなくすで2点ゲットですね! 苦手な人は、計算問題克服ウィークをつくって、7日間徹底的に計算問題を解いてみてはいかがでしょうか? やった分だけ自信がつき、苦手意識はふっ飛びます!

 
今回のポイントふまえた過去問を、コチラにまとめています。ぜひご利用ください。
次回は、成人看護学について説明します!