今回から、科目毎の国試攻略法をお伝えしていきます。と、その前に、国家試験の基本中の基本をお伝えしておきます。

何はなくとも、過去問!!

過去問題は、国家試験対策をしていく上で、絶対に欠かせないものです。「過去問集を買って、最低3回やりましょう!」ってよく聞くけれど、本当?
いえいえ、これは一昔前の国試対策。今はこれをやっても、合格しません!!(キッパリ)「じゃ、過去問集買わなくてもいいんじゃない?」と思ったあなた。買ってください。

なぜなら、過去問集を使うことによって、
(1)科目毎の出題傾向を理解する
(2)○の選択肢だけでなく、×の選択肢についても、吟味し、理解する
という2点が国家試験合格にとって、重要だからです。

(1)をナゼするかというと、国家試験の出題範囲は膨大です。どこに重点を置いて勉強すべきか…それを理解するためには、過去の出題傾向を知る必要があるからです。
(2)についてですが、今の国家試験は、過去問の正答をそのまま覚えても、得点につながりません。なぜなら、過去問をアレンジした問題が出題されるからです(全問題の4割くらいは過去問のアレンジ)。×だった選択肢を自分でしっかり調べ、周辺知識まで理解を深めていくことで、アレンジされた問題が出た時に、得点につながるのです。これは、どの科目においても共通の重要ポイントです! 忘れないでくださいね!!

 

では、ここからは必修問題対策についてお話していきます。

1点も逃さない必修対策、とは?

必修問題の攻略ポイントは、これだ!

1)出題基準に沿って重要項目を暗記しよう。
2)法律に載っている言葉のままで覚えよう。
3)数字はそのものを覚えよう。

1)出題基準に沿って重要項目を暗記しよう。について

みなさん出題基準は持っていますか?「出題基準ってなに?」って思ったそこのアナタ、今すぐダウンロードしましょう(コチラから。看護師のページを見てくださいね)。出題基準とは、厚労省が定める国家試験の出題範囲のことです。
なぜ、必修問題の攻略において出題基準が重要かというと、出題基準の小項目そのままで出題されているからです。

第108回PM13 最も緊急性の高い不整脈はどれか。 答え 心房細動
第108回PM14 浮腫の原因となるのはどれか。   答え リンパ還流の不全 

というように、出題基準の大・中・小項目に沿って、徴候、診断基準、主要な症状、治療を押さえておきましょう

 

2)法律に載っている言葉のままで覚えよう。について

法律は、わかりやすい言葉で出題されるのではなく、法律に書いてある言葉そのものが出てきます。参考書などで概要を押さえるのはいいですが、必ず原文をチェックするようにしましょう。

第108回AM6 業務に従事する看護師は、( )年ごとに保健師助産師看護師法に定める届出をしなければならない。( )に入る数字はどれか。 答え 2

保健師助産師看護師法 第三十三条参照(コチラ

 

3)数字はそのものを覚えよう。について

人口動態や統計数値などについての出題も、例年数題出題されますが、それらもそのままの数値を暗記するようにしましょう。

第106回AM1 平成25年(2013年)の国民生活基礎調査による有訴者率(人口千対)で正しいのはどれか。 答え 312.4%

 

これらの3ポイントを押さえて、必修問題対策をしていきましょう!
また、今回の3ポイントの過去問を、コチラにまとめています。ぜひご利用ください。

なお、過去問で統計数値や法律の問題をやる時は、それらの内容が更新されてないか、ちゃんと確認しましょう。更新されている場合は、2017年度時点の数値・法律を覚えていきます(109回看護師国家試験を受験する人対象)。
冒頭で説明した通り、ただ正答を覚えて終わりではありません。×選択肢についても、吟味すること忘れないでくださいね。

次回は、みんなの苦手な「人体の構造と機能」について説明します。