このコーナーでは、全11科目、必修問題、状況設定問題の対策など、第108回国家試験に向けた国試勉強法を隔週で紹介していきます。国試対策に過去問学習はかかせません。看護師として学んでもらいたいポイントは昔も今もそうそう変わらないからです。ただし、国試も進化をとげています。免許取得のための試験ではなく、看護師の資質や現場に出た時の対応力・判断力なども合否の基準となっているのが現在の国試。そこで、医教ではこんな過去問学習法をおススメしています。

医教オススメの過去問3ポイント学習

(ポイント1)各選択肢を、なぜ○なのか、なぜ×なのかでしっかり吟味する。
(ポイント2)出題者が何を答えさせたかったのか、意図をくみとる。
(ポイント3)誤肢はただの×選択肢にあらず。読み解くべし。

医教イチオシの「○×学習法」。○×を吟味していくと1つの選択肢の2面性をとらえることができ、それだけでも学習効果が2倍ということになります(ポイント1)。そしてその作業をすると、問題を作った人がその問題で何を答えさせ、何を伝えたかったのかが自然に分かってきます(ポイント2)。さらに「誤肢」をないがしろにせず、しっかり向き合うことでさらに学習効果が上がります(ポイント3)。昨今は、過去問で×選択肢だったものを軸に問題を作りなおす出題方法もみられますので、誤肢学習はかなり効果的ですよ。以上の3ポイントを念頭に、直近の国試(つまり第107回国試)からこの過去問学習を行い、あわせて過去10年間の同テーマの過去問も同様に学習すると、最新の医療・看護技術の学習も踏まえての過去問学習になりますので、国試の最新傾向に堂々対応できる国試対策勉強法となります。


さて、今回で医教の国試勉強法「科目別国家試験対策」シリーズはいよいよ最終回。およそ2週間後に控えた国試本番に向け、○×を確認しておきたい過去問題を科目ごとに集めました。最後にもう1回復習しておいてくださいね。

【人体の構造と機能】

★107回国試
午後問題71(人体の構造と機能)出題基準:Ⅰ〜Ⅲ-6-B -a「動脈、静脈、毛細血管」
無対の静脈はどれか。
× 1.鎖骨下静脈
× 2.総腸骨静脈
× 3.内頸静脈
× 4.腕頭静脈
○ 5.門 脈
「無対」とは、「対」が無いということで、「左右両方にない」「2つない」ということである。選択肢の中で左右にないのは門脈である。また、この問題と以下の過去問をあわせると腕頭静脈は左右にあり、腕頭動脈は人体の右側のみに1つしかないことがわかる。

⭐︎関連過去問(第102回)
午前問題78(人体の構造と機能)人体の右側のみにあるのはどれか。1. 総頸動脈 × 2. 腕頭動脈 ○ 3. 腋窩動脈 × 4. 内頸動脈 × 5. 鎖骨下動脈 ×

【疾病の成り立ちと回復の促進】

★107回国試
午前問題28(疾病の成り立ちと回復の促進)出題基準:Ⅳ-6-B -a「大動脈瘤、大動脈解離」
急性大動脈解離について正しいのはどれか。
× 1. 大動脈壁の外膜が解離する。← 内膜に亀裂が生じ、そこから中膜との層間に血液が進入。(大動脈解離の病態)
× 2.診断には造影剤を用いないCT検査を行う。← 造影剤を用いる造影CT検査、造影剤を用いない単純CT検査の両方を診断に用いる。(大動脈解離の診断方法)
× 3.Stanford〈スタンフォード〉分類B型では緊急手術を要する。← スタンフォードA型では脳梗塞、脳死の可能性があるので緊急手術を要する。(大動脈解離の治療法)
○ 4.若年者ではMarfan〈マルファン〉症候群の患者にみられることが多い。← 原因不明であるが、マルファン症候群など大動脈の中膜が弱い先天性疾患との関連が考えられる。(大動脈解離の原因疾患)

⭐︎関連過去問(第99回)
午前問題79(疾病の成り立ちと回復の促進)先天異常と症状の組合せで正しいのはどれか。
1. 18トリソミー ――― 巨舌 × 2. クラインフェルター症候群 ――― 多毛 × 3. ターナー症候群 ――― 高身長 × 4. マルファン症候群 ――― 低身長 × (クモ指、細長い四肢による高身長、大動脈の拡張、僧房弁逸脱などを主症状とし、高頻度で大動脈解離を合併する) 5. ダウン症候群 ――― 筋緊張低下 ○ 

【基礎看護学】

★107回国試
午前問題35(基礎看護学)出題基準:Ⅱ-3-A -b「コミュニケーション技法」
患者と看護師が面談をする際、両者の信頼関係を構築するための看護師の行動で最も適切なのはどれか。
× 1.患者の正面に座る。← 患者に威圧感を与えてしまうので×。
× 2.メモを取ることに集中する。← 患者の表情や異変に気付けないので×。
○ 3.患者と視線の高さを合わせる。← 患者に安心感を与え、信頼関係の中で面談を行うことができるので○
× 4.事前に用意した文章を読み上げる。← 看護師からの一方的なコミュニケーションになってしまうので×。

⭐︎関連過去問(第94回)
午前問題22(必修問題)ベッドに臥床している患者との面接で適切なのはどれか。1. 枕元に立って話す。← 上から目線になる。臥床している患者の目線の位置にいない。× 2. ベッドに腰掛けて話す。← 一定の距離感が保てない。不衛生。× 3. ベッド脇の椅子に腰掛けて話す。← 目の高さが同じくらいになり、患者に安心感を与えられる。○ 4. 足元に立って話す。← 上から目線になる。臥床している患者との距離がありすぎる。×

【成人看護学】

★107回国試
午後問題43(成人看護学)出題基準:Ⅶ-14-C-a「インスリン補充療法」
インスリン製剤について正しいのはどれか。
× 1.経口投与が可能である。 ← 現在、経口投与できるインスリンが開発されているが、認可にまでは至ってない。
× 2.冷蔵庫で長期保存できる。 ← 使用中の注射製剤は、直射日光をさけた涼しい室温で保管、未開封の注射製剤は、冷蔵庫の凍らない場所(ドアポケットなど)で保管する。
× 3.皮下注射は同じ部位に行う。 ← 身体の同じ部分(上腕、腹部、大腿、臀部)でも、少しずつずらして特定の場所が固くならないようにする。
○ 4.飛行機に搭乗する際は手荷物として持ち込む。 ← 預け荷物にすると、注射薬が凍ってしまい成分が無効になる可能性や荷物が目的地に届かず困る可能性がある。

⭐︎関連過去問(第105回)
午前問題66 (看護の統合と実践)
Aさん(75 歳、男性)は、2型糖尿病で超速効型インスリンによる治療を行っている。災害に備えてAさんに指導する必要があるのはどれか。1.開封したインスリンは1年間使用できる。×  2.使用しているインスリンの名称を正確に覚える。○(製剤の種類によって効果が異なるため、名称を正確に覚えておく必要がある)3.消毒薬の入手が難しい場合は消毒せずに注射してもよい。○(緊急時には服の上から穿刺する場合もあり、感染のリスクよりも高血糖防止を優先する)4.平常時と同じように非常時もインスリン注射は食前に行う。× 
*この問題は正解が2つになったため、どちらを選択しても加点される問題になりました。

【老年看護学】

★107回国試
午前問題49(老年看護学)出題基準:Ⅲ-9-C-b「サービスを利用する高齢者の暮らしの特徴と看護の役割」
Aさん(66歳、男性)は、レビー小体型認知症であるが、日常生活動作<ADL>は自立している。介護老人保健施設の短期入所<ショートステイ>を初めて利用することとなった。施設の看護師は、同居している家族から「以前、入院したときに、ご飯にかかっているゴマを虫だと言って騒いだことがあったが、自宅ではそのような様子はみられない」と聞いた。
入所当日の夜間の対応で適切なのはどれか。
× 1.虫はいないと説明する。← 以前入院した時の言動をAさんが覚えているかどうか、今回Aさんが同じ発言をしたかどうかは不明である。もし覚えていたり、今回も同じ発言があったとしても妄想の内容を否定する対応は適切ではない。
× 2.部屋の照明をつけたままにする。← 暗い部屋だと、物を見間違う「錯視」が起こることがあるため照明は明るいほうが良いこともあるが、現段階では、Aさんの安眠のためにも部屋の電気をつけたままにする対応は避ける。
〇 3.細かい模様のある物は片付ける。← 「ご飯にかかっているゴマを虫だと」言っていたということは、レビー小体型認知症による「錯視」である。家族の情報からまずは虫に見える可能性のある細かい模様のあるものは片付けて発症を防止する。
× 4.窓のカーテンは開けたままにする。← Aさんに現れているのは「錯視」である。窓の外に何かが見えるといった「幻視」の症状については不明であり、今のところ療養環境の整備として窓のカーテンを開けたままにするのは適切ではない。

⭐︎関連過去問(第105回)
午後問題101(老年看護学)Aさん(81歳、女性)は、6年前にレビー小体型認知症と診断された。Aさんは雨の中を1人で外出して自宅に戻れなくなり、同居している娘に発見された。(略)かかりつけの病院を受診し、細菌性肺炎と診断され入院した。呼吸器疾患の既往はない。(略)入院当日、抗菌薬の点滴静脈内注射が開始された。投与開始直後からAさんが輸液ラインを指し「虫がいる」と大きな声を上げている。このときの看護師の対応で最も適切なのはどれか。1. 虫がいないことを説明する。× 2. 点滴静脈内注射を中止する。× 3. Aさんをナースステーションに移動する。× 4. 輸液ラインをAさんから見えない状態にする。〇(レビー小体型認知症では、輸液ラインが虫やヘビに見えることが多い。幻視、錯視の原因を除去する対応が適切である)

【小児看護学】

★107回国試
午後問題51(小児看護学)出題基準:Ⅰ-1-B-a「小児医療における子どもの権利の変遷」
子どもの権利について述べている事項で最も古いのはどれか。
× 1.児童憲章の宣言 ← 昭和26(1951)年宣言
○ 2.児童福祉法の公布 ← 昭和22(1947)年公布(終戦後2年)
× 3.母子保健法の公布 ← 昭和40(1965)年公布
× 4.児童の権利に関する条約の日本の批准 ← 平成元年(1989)年に国連採決、平成6(1994)年、日本で批准

⭐︎関連過去問(第106回)
午後問題84(小児看護学)
児童憲章について正しいのはどれか。2つ選べ。1. 児童がよい環境の中で育てられることを定めている。○ 2. 児童の権利に関する条約を受けて制定された。×(児童憲章は1951年制定。児童の権利に関する条約は1989年採択、1994年批准。児童憲章の制定の方が先である)3. 児童が人として尊ばれることを定めている。○ 4. 保護者の責務を定めている。×  5. 違反すると罰則規定がある。× 

【児童憲章 昭和26(1951)年5月5日宣言の前文】
われらは、日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。
 児童は、人として尊ばれる。
 児童は、社会の一員として重んぜられる。
 児童は、よい環境のなかで育てられる。

【母性看護学】

★107回国試
午前問題79(母性看護学)出題基準:Ⅳ-8-C-a「産前・産後休業、育児休業」
Aさん(28歳、女性)は、2歳の子どもを養育しながら働いている。  
 Aさんが所定労働時間の短縮を希望した場合、事業主にその措置を義務付けているのはどれか。
×  1. 児童福祉法 ← 子育て支援事業(第21条の8〜17)の項で市町村、都道府県、医療従事者の支援を規定しているが、労働時間の短縮に関する規定はない。
×  2. 労働基準法 ← 妊婦等に関して(第64条の2〜第68条)、産前産後休業や労働時間の厳守、育児時間については規定しているが、労働時間の短縮に関する規定はない。
×  3. 男女共同参画社会基本法 ← 男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の基本事項を定めた法律。第6条で「家庭生活における活動と他の活動の両立」を推奨しているが、就労女性の労働時間短縮に関する具体的な規定は示されていない。
×  4. 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律〈男女雇用機会均等法〉 ← 第9条において事業主に婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取扱いの禁止等を規定しているが、労働時間の短縮に関する規定はない。
○ 5. 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律〈育児・介護休業法〉← 所定労働時間の短縮措置等(第23条)において、事業主は3歳に満たない子を養育する労働者で育児休業をしていない者に関して、申出があれば所定労働時間を短縮することにより当該労働者が就業しつつ当該子を養育することを容易にするための措置を講じなければならないとある。

⭐︎関連の過去問(第105回)
午前問題55(母性看護学)
就労している妊婦に適用される措置と根拠法令との組合せで正しいのはどれか。
1.時差出勤 ――― 母子保健法 ×(時差出勤は、男女雇用機会均等法第13条) 2. 産前産後の休業 ――― 児童福祉法 ×(産前産後の休業は、労働基準法第65条第1項・第2項) 3. 軽易業務への転換 ――― 母体保護法 ×(軽易業務への転換は、労働基準法第65条第3項)4. 危険有害業務の制限 ――― 労働基準法 ○(危険有害業務の制限は、労働基準法第64条の3)

【精神看護学】

★107回国試
午前問題59(精神看護学)出題基準:Ⅴ-5-A-b「自殺、自殺企図、自傷行為」
自殺念慮を訴える患者で、自殺が最も切迫している状態はどれか。    
× 1. 自殺の手段が未定である。
○ 2. 自殺する日を決めている。
自殺念慮とは「自殺という能動的な行為で人生を終わらせようという考え方」のことで、具体的計画性として「時期を設定」「手段を設定・確保」「場所を設定している」「予告している」「死後の準備をしている」が挙げられる。
× 3. 将来の希望について時々話す。← 自殺の再発は回復期にも多いため、全く可能性がないとは言い切れないが、選択肢2の方がより切迫している状態と考えられる。
× 4. 普段と変わらない様子で生活している。← 自殺念慮者が出すサインはわかりにくい場合もあるため、全く可能性がないとは言い切れないが、最も切迫している状態とは考えられない。

⭐︎関連の過去問(第95回)
午前問題141(精神看護学)希死念慮を訴えて入院したうつ病患者。1週が経過し、行動抑制は改善され始め、活動も活発化してきた。最も注意すべきことはどれか。1. 食事の量 × 
2. 睡眠の質 × 3. 言動の変化 ○ 4. 服薬の状況 × 
⭐︎関連過去問題(第106回)
午前問題109(精神看護学)Aさん(38歳、男性、会社員)。両親と3人暮らし。25歳のころに双極性障害と診断された。3か月前から(略)休職して精神科病棟に任意入院した。入院後は1日中ベッドで横になって過ごし、他の患者との交流もみられない。(略)入院後1週が経過した。Aさんはベッドに横になりじっと窓を見つめていることが多くなった。看護師が何をしているのか話しかけると、Aさんは「死にたいと思っている」と答えた。このときの看護師の対応で適切なのはどれか。1. 話題を変える。× 2. 気分転換を促す。× 3. すぐに良くなると励ます。× 4. 自殺しないことをAさんに約束してもらう。○ (きちんとAさんに向き合った態度で接した後であれば、たとえ口約束であってもある程度の効果が期待できるとされている)

【在宅看護論】

★107回国試
午後問題62(在宅看護論)Ⅰ-3-B-b「健康保険法(訪問看護制度の法的枠組み)」
健康保険法による訪問看護サービスで正しいのはどれか。
× 1. サービス対象は75歳以上である。← 75歳以上は、後期高齢者医療制度による訪問看護の対象者である。健康保険法の訪問看護サービスの主な対象者は、疾病、負傷等により、居宅において継続して療養を受ける状態にある者(要介護者以外)で、40歳未満の難疾病者、重度障害者(筋ジス、脳性まひ、脊髄損傷等)、末期の悪性腫瘍の患者、精神障害者等で、在宅療養生活を継続する上で看護師等が行う看護が必要な者などである。
○ 2. 訪問看護師が訪問看護計画を立案する。← 主治医と連携し「訪問看護計画書」を作成する。
× 3. 要介護状態区分に応じて区分支給限度基準額が定められている。← 介護保険法による訪問看護サービスに関する説明である。
× 4. 利用者の居宅までの訪問看護師の交通費は、診療報酬に含まれる。← 健康保険法による訪問看護サービスでは、交通費は利用者負担の実費となるため、訪問看護事業所の診療報酬には含まれない。介護保険法での利用であれば、交通費は事業所の経費となる。

⭐︎関連過去問(第105回)
午後問題63(在宅看護論)
訪問看護サービスの提供の仕組みで正しいのはどれか。
1. 主治医の意見書が必要である。×(主治医の「訪問看護指示書」が必要)2. 計画外の緊急訪問の費用は徴収できない。×(24時間対応体制加算、特別管理加算、緊急訪問看護加算等、保険給付外のサービスは同意または契約によって追加徴収できる。がん末期などの頻回な訪問看護などは回数に応じて利用料金を徴収できる)3. サービスの導入の決定は訪問看護師が行う。×(決定は療養者本人と家族が行う)4. 主治医の特別指示書による訪問看護は医療保険サービスとして提供する。○(医師の特別訪問看護指示書がある場合は、医療保険の訪問看護サービスが提供される)

【看護の統合と実践】

★107回国試
午前問題81(看護の統合と実践)出題基準: Ⅰ-1-B-d「看護業務管理、看護の交代勤務」
新人看護師のAさんは、夜勤の看護師からの引き継ぎが終了した後、日勤で行う業務を書き出した。  
Aさんが書き出した以下の業務のうち最も優先して行うのはどれか。    
× 1. 頭部の掻痒感を訴える患者の洗髪 
× 2. 夜間せん妄のあった患者との散歩 
× 3. 午後に入院する患者の診療録の準備 
× 4. 翌日に検査を受ける予定の患者への説明 
○ 5. 人工呼吸器を装着中の患者の状態の確認 
選択肢1~4も看護師の役割としては重要であるが、原疾患の急変の有無、人工呼吸器の不具合の有無など、常に確認を必要とするため、人工呼吸器装着中の患者の状態確認は優先度が最も高い。

⭐︎関連過去問(第106回)
午後問題113(看護の統合と実践)
Aさん(78歳、男性)は、尿路感染症による敗血症で入院し、5日が経過した。中心静脈ラインから輸液ポンプを使用して乳酸加リンゲル液が投与され、その側管からシリンジポンプを使用してノルアドレナリンが投与されている。朝9時、日勤の看護師が訪室したとき、シリンジポンプの閉塞と輸液ポンプの気泡混入の、2つのアラームが作動した。ノルアドレナリンの入ったシリンジは残量があり、乳酸加リンゲル液のボトルが空になっていた。(略・看護師は「輸液ラインの閉塞や屈曲がないか確認」した。)その直後、看護師はノルアドレナリンの投与量を医師の指示書で確認した。指示書には、午前6時に2mL/時間から1mL/時間へ投与量の減量の指示が記載されていたが、午前9時の投与量は2mL/時間のままであったことに気が付いた。このときのAさんに対し看護師がアセスメントする項目で優先度が高いのはどれか。1. 血 圧 ○ 2. 尿 量 × 3. 血糖値 × 4. 呼吸数 ×(このような事故を防ぐためにも、日勤勤務の看護師が勤務開始時に確認すべきことの優先順位が、上記の107回国試午前問題81で問われている)

【健康支援と社会保障制度】

★第107回
午前問題73(健康支援と社会保障制度)出題基準: Ⅲ-10-A-b「健康日本21」
糖尿病の合併症のうち、健康日本21(第二次)の目標に含まれるのはどれか。    
○ 1. 腎 症 
× 2. 感染症 
× 3. 網膜症 
× 4. 神経障害  
× 5. 血行障害 
問題文に「合併症」とあるので、この設問は糖尿病における三次予防を問うものと考えられる。健康日本21の公的資料「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料」の「糖尿病」三次予防の項目では、『糖尿病の合併症のうち、個人の生活の質への影響と医療経済への影響とが大きい「糖尿病腎症による年間新規透析導入患者数の減少」を指標とする。』と記載されているため、解答は選択肢1の腎症となる。

健康日本21は頻出問題です。以下の表、もう一度眺めておきましょう!

●主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防に関する目標(健康日本21〔第2次〕より)

余力があれば、第2回第21回の「必修問題」の回の振り返りもしてみてくださいね。ファイト!

(イラスト:中村まーぶる)